【知って安心】小学校教員×生理×水泳授業|プールに入らず指導する時の服装

当ページのリンクには広告が含まれています。
DM:水着生理EC
悩んでいる人

生理でプールに入れない時は、どんな服装で水泳の指導すればいいのかな?

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容
  • プールに入らず指導する時の服装【2パターン】
  • プールサイドでの暑さ&日焼け対策
筆者情報
だるまさん
  • 元小学校教員→専業主婦
  • 2校の公立小学校に勤務(正規採用)
  • 職員数は、2校の合計で140人ほど

生理と水泳指導が重なった場合、プールに入らず指導することがあります。

プールに入らないなら、体育の時の服装でいいの?

水着を着ておいた方がいいのかな?

はっきりとした決まりや正解がないので、悩んでしまいます。

だるまさん

新任の時は、わからないことだらけです。だんだん、質問するのも申し訳ない気持ちになりますよね…

今回は、小学校教員が生理でプールに入れない場合の、水泳指導をする時の服装を解説します。

だるまさん

リアルな教員事情も合わせてご紹介します。

目次

【パターンは2つ】プールに入らず水泳指導をする場合の服装

プールに入らず水泳指導をする場合の服装のパターンは2つあります。

だるまさん

2つのパターンの大きな違いは、水着を着るか着ないかです。

基本的に、プールの中の子どもに何かあった場合、すぐに飛び込んで助けられる服装であれば大丈夫です。

パターン①:下に水着を着て、動きやすい服装にしておく

いつも水泳の授業で着ている水着を着用し、その上からTシャツやズボンを着ておきます。

だるまさん

水着が体に密着し、熱いです。熱中症に気をつけておきましょう。

生理用のナプキンを水着につけたり、タンポンをしたりして対応します。

パターン②:水に飛び込んでも動ける服装にしておく

水着は着ずに、水に濡れても構わず、水に飛び込んでも動ける服を着ておきます。

だるまさん

例えば、以下のような服です。

  • ウエスト部分に紐がついているズボン
    →水に飛び込んでもずれない
  • 濃い色のTシャツやUVカットパーカー
    →水に濡れても下着がすけて見えない

水に濡れることを想定して、着替えは、一式準備しておきます。

下着は、普段通りの使用方法で大丈夫なので、生理用のナプキンなど安心して使用できます。

だるまさん

いざという時には、気にせず飛び込まなければなりません。しかし、いざという場面に出会ったことは、まだありません。

どちらのパターンでも、ズボンは半ズボンでも長ズボンでも大丈夫です。

どちらのパターンを選ぶかの決め手

「下に水着を着て、動きやすい服装にしておく」か「水に飛び込んでも動ける服装にしておく」か悩む場合の決め手は、2つあります。

  • 同僚の教員に、さりげなく聞く
    「プールに入れない場合、水着は着ておいた方がいいですか。それとも、プールに飛び込める(水に濡れてもいい)服を着ておけば大丈夫ですか。」
  • 自分の生理の現状に合った方を選ぶ
    経血の量や、水着を着た場合のしんどさや不安と相談

【重要】暑さ対策&日焼け対策は万全に!

プールサイドは、コンクリートと水面からの日差しの照り返しがきついです。

つまり、めちゃくちゃ暑く、日焼けもかなりします。

だるまさん

暑さ対策&日焼け対策しっかりしておかないと、体調を崩してしまいます。

小学校教員がしている、おすすめの暑さ&日焼け対策をご紹介します。

暑さ対策
  • 水に濡らすと冷たくなるタオルを首に巻く
  • 何度もプールに足をつける
  • 熱さまシートを、服で隠れる部分に貼っておく
  • 帽子は、つばの広いものや、首の後ろに日よけシールドがあるものにする
¥697 (2021/10/03 22:59時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
日焼け対策
  • 日焼け止めの値段をケチらず、いい物を使う
  • できるだけ肌を露出しない

まとめ:プールに入らず水泳指導をする場合の服装パターンは2つ

今回は、 小学校教員が生理でプールに入れない場合の、水泳指導をする時の服装を解説しました。

生理の時は、体も心もしんどくなる事があります。

そして、プールサイドで指導する環境は、体調に悪い影響を与える可能性が高いです。

なので、自分の体調にあった服装で指導することを心がけましょう。

だるまさん

教員の体調管理は、子どもの安全にもつながっています。

今回は、以上です。


生理に関する記事

プールに関する記事

SNSでシェアお願いします
目次